aaxalog’s diary

音楽・映画・本と文系独学をお届け。

この映画のサントラすげーの【QUEEN&SLIM】鑑賞の感想

こんにちわ‼︎

 

AAXALOGです。

 

今回は日本未公開の映画

【Queem&Slim】をご紹介いたします。

 

※少しネタバレ含みますので悪しからず。

Queen&Slim


www.youtube.com

あらすじ

とある男女1組がレストランで食事をするシーンから始まります。

 

どうやら初対面同士、出会い系アプリを使って女性の方から男性に食事を誘ったよう。

 

だが女性の方は浮かない顔、会話も弾んでるようには見えません。

 

レストランも男性の方の行きつけの安価な場所のようで、決してムーディーな雰囲気では無い様子。

 

食事を済ませ、そのまま男の車で女性の家まで送り届けている最中に事件が起きます。

 

運転中、パトカーに捕まり横暴な態度で取り調べを受けます。

 

おおらかな態度で警官の乱暴な取り締まりに応じる男。

 

それに対し女性の方は強気な態度で警官に食ってかかります。

 

それもそのはず。

女性の方は弁護士をしており、このような不当な取り締まりは許せません。

 

口論が激化しているうちに、警官が女性の左太ももを撃ち抜いてしまいます。

 

すかさず男は銃を取り上げ警官に発砲。

 

心臓に命中し、男は警官を殺めてしまいます。

 

さあここから、殺人犯と共犯者になってしまった2人の逃亡劇が幕を開けます。

 

この事件は瞬時にして世界中に知れ渡り、新聞に顔写真も掲載され、行き場失い、二人は外国に渡る決意をするのでした

 

緊張の中にも安らぎを見出しながら逃亡を続ける2人、逃亡の協力者、彼らの行為に賛同するもの達。

 

何が善か悪かの正確な答えが無いまま、それぞれの“正義“で行動する人達が織りなす、ヒューマンドラマ。

 

彼らがQUEEN&SLIMとして一部の人達に英雄視されるまでの物語なんだと僕は思います。

f:id:aaxalog:20210805233922j:plain

ジャケット写真

 

あと大きな世界問題の題材も明らかですが、言葉を間違えるのが怖いのであえて伏せます。

 

感想

そもそもこの映画を見つけたきっかけがサウンドトラックでした

 

 この映画を見る2日前に“EARTHGANG"という2人組のヒップホップアーティストハマりまして、このアルバムが検索結果で出てきたんですね。

 

アルクイーンの“ローリン・ヒル“さんの名前も見つけ、

『なんだいな、この極濃アルバムは‼︎‼︎』と驚嘆していたところ、

映画のサウンドトラックだと知ったんです。

 

その時が丁度、配信開始されたばかりの映画だったので運命を感じましたね‼︎

 

作中1番喰らったのが‘ロイエアーズ/Searching“でした。


www.youtube.com

 

後、“ファーサイド/Runnun' "をサンプリングした曲も‼︎

www.youtube.com

どこで流れるかはぜひ見てください‼︎

 

逃亡の結果は二択に絞られてるので、結末はおおよそ予想はできたものの、

あのシーンは流石に心が揺れました。

 

結末は一応伏せますね。

 

SLIM役のダニエル・カルーヤさんのあの表情、、、、

クーーーーーーって感じです。

 

あのシーンのあの目はおそらく数分前に車内でアレ吸ってたからでしょうね。そこ含めて演技してるならカルーヤさん凄すぎ‼︎

 

結末は伏せてますからね。明言してませんからね‼︎ギリネタバレてませんからね‼︎‼︎

 

一つ注意をするなら、濃厚なラブシーンが体感5分くらいあるので18歳以上の方とみてください。

 

日中の明るいシーンなので『マジでしてんじゃね?』ってくらい生々しいです。

 

今回はアマゾンでデータ購入という形式で購入しました。

 

音声は英語、日本語選べますが、

 

字幕は日本語、英語共にございません。

 

ディスクなら字幕付きとかも出るんですかね?

 

僕自身、1度見れば2回目は当分無いかなと思いましたが、

 

1度はぜひ見て頂きたい‼︎

 

そんな良質映画でした。

 

 データ版

 

 

ディスク版(お持ちの機器に対応しているかはご確認ください)