aaxalog’s diary

音楽・映画・本と文系独学をお届け。

こういうのあり?【新作映画“レミニセンス“レビュー動画をレビュー。お気に入りのチャンネルを2つほど。】鑑賞前編‼︎

こんにちわ‼︎

 

AAXALOGです❗️

 

今回は初の試み‼︎

新作映画レビューをレビューする‼︎

やるぜや‼︎

 

題材となる映画は

レミニセンス

まだ見てません笑

3日後行ってきます。

 

以下レビュー動画は“クリストファーノーラン“を知ってて当然のように語られます。

 

それもそのはず、

ノーランの兄弟夫婦によるによる映画ですから。

 

クリストファーノーラン作品の脚本を務めていたり、『インターステラー』製作期では本気で物理を学んでいたりと、

クリストファーノーランのブレインも担う“ジョナサンノーラン“。

 

まだクリストファーノーラン作品が何かわからない方は、

メメント

インセプション

インターステラー

最近だとTENET

は必ず見ていて欲しいところ。

 

では信頼できる配信者2人のレビュー動画早速いきましょう。

茶一郎さん


www.youtube.com

映画を映画で例える映画マニア‼︎

 

『なんかいい映画ねえかなー』と思った時に必ずチェックし、

レビュー動画で満足してしまう。

 

声、話し方、画像、編集がとても見やすい、聞きやすいオススメチャンネルです。

 

今回もネタバレパートがあります。

結構重要な事を話されてるので、本気で楽しみにしてる方は警告のあと退散しましょうね。

 

僕は見ちゃいました。ちょっと後悔。

 

・クリストファーノーランとの比較

・踏襲している世界観

などなどいっぱい語ってくれてますねー

 

比較として頻繁に出てくる『FOLLOWING』という作品。

 

クリストファーノーランの処女作として紹介されてたんで、僕は拝見済みです。

 

“ライトストーキングは趣味にしている男。

 

ある日ターゲットにした男が、実は空き巣だった。

 

あれやあれやと一緒に空き巣をすることになった主人公。

 

しかしその空き巣男の行動がなんだか狂ってる。

 

その空き巣男に巻き込まれていき、、、“

 

といった内容。

 

インセプション寄りかと思いきや、こっちだったのね。

 

なんとなく掴めてきます。

 

どういう事なのか見た後に納得できそう。

 

たてはまさん


www.youtube.com

TENET考察でお世話になりました‼︎

 

茶一郎さんが文系なら、こっちは理系。

 

物理も詳しいといってた気が、、、

 

クリエイターとしても活動されており、映像テクニックの解説があるのは嬉しい。

 

こちらはネタバレなしです。

 

とても優しく丁寧な説明から入り、几帳面な性格が伝わってきます。

 

誰にでも伝わる具体的な情報(ネタバレの意味ではなく)が欲しいならこちらがオススメ‼︎

 

面白いのは“たてはま“さんは『インセプション』との類似として話してるんですよね‼︎

茶一郎さんとは反対です。

 

終盤に対するコメントも気になる‼︎

 

以上でございます。

 

TENETのように前情報が必須なものではなさそうですね。

 

私も観賞後、レビューしてみようと思っています。

 

ありがとうございました。