aaxalog’s diary

音楽・映画・本と文系独学をお届け。

そく出世候補‼︎【社会人必須科目な現代のビジネス名著3選】考え方を即変させます。

こんにちわ‼︎

 

AAXALOGです❗️

 

今回はこちら‼︎

出世したけりゃ必須科目‼︎部下を持つ前に知っておきたいビジネス本3選‼︎/

 

“マインドフルネス“”やる気を爆上げ““ヤバい心理学“

世の中には色々と『頑張っている俺』感を満たすものが溢れてますが、

 

それよりも先に知ることがあるがろやい‼︎

 

今から教える本3冊は会社内のみならず、社会をスムーズに生きていくための最重要科目‼︎

 

・出世するために

・部下の育て方

・円滑な人間関係

のコンセプトごとに知っておきたい本を紹介します。

 

具体抽象トレーニン

 

 

 

平社員と高い役職の人との差はなんでしょうか?

 

それこそ本の議題である“具体“と“抽象“の差です。

 

“手足“となるか、手足の動きまで考慮した“頭“になるか。

これはなんとなく想像つきますね。

 

手足=具体性が高い仕事

頭=抽象性が高い仕事

本の内容からするにこういうことが言えるのです。

 

高い役職の人ほど抽象性の高いものも取り扱うことになります。

 

ズバリ出世のできる人間は“頭“になれる人間です。

 

どういうこっちゃ??

 

すぐ読みましょう‼︎‼︎

 

具体的と抽象的の違い。

具体性の高い人間と抽象性の高い人間の特徴。

高い役職の人間と平社員との摩擦はなぜ起きるのか。

 

答えがここにあります。

 

オーディブルでも聴けます‼︎

最初の一冊無料なので試してみてください。

 

新 コーチングが人を活かす

 

 

 

教える立場ではなく、パートナーとなり一緒に課題を乗り越える。

コーチング“は成長を促すだけでなく、信頼関係を築く方法でもあります。

 

せっかく昇進しても部下からの信頼がないと困るのは自身です。

 

“教えたがり“や“引率者“はやめて、“伴走者“になって立ち回りましょう。

 

人を動かす方法

 

 

名著の中の名著になってますね。

 

内容は少しアドラーに似てる気がする。。

 

“人への敬意ある頼み方“とまとめれるかもしれません。

 

権力争いや、よくいうプライドみたいなものは時にして邪魔にしかなりません。

 

“一歩引いて実をとる“方法でうまく立ち回りましょう。

 

ページ数長いです。

 

こちらもオーディブルでのながら読みがいいかもしれません。

 

 

いかがでしょう。

 

自己啓発系の本は苦手なんですが、これらだけは実が取れる‼︎

 

個人的にはビジネス書の、初級編と思ってて

知ればその日に働き方が変わります‼︎

 

ありがとうございました。